2021.04.26

日常生活にピラティスを

運動をするべき理由

運動をするべき理由

 

運動嫌いですか?

 

もし、「運動嫌いだわ~。辛いことしたくない。」って思う人がいるとしたら

ぜひ読んでいただきたいです。

辛いか 辛くないかって言うなら

自分の身体が思うように動かなくなることの方がよっぽど辛い。

私はそう思うんですね。

腰痛に悩まされていた頃、ズボンをはくのに脚を上げることができない。

お風呂掃除でしゃがむと一週間くらいは機能停止になるくらい腰が痛い。

「健康を仕事にしている」立場として身体が不具合であることはダメなことと

誰に言われたのか(実ははっきり覚えがあります)そう思い込んでいて

毎日誰にも悟られないように ごまかしながら仕事を続けたけれど

だんだんと上手くいかないことが増えて

自分にもお客様にも申し訳ない気持ちをかかえていた時がありました。

それも結構長い期間、何年もそんな状態で身体に無理をかけまくっていました。

そんな不自由な時があって 現在はお風呂掃除のたびに

としみじみ思うわけですよ「なんて幸せなんだろう~」と。

 

生活に困るか 困らないか

 

「運動が辛い」と思う人の気持ち ちょっとわかります。

私は学校の勉強で数学の時間がすごく辛くてつまらない時間だったので

それと同じような感じかと、、、数学の先生ごめんなさい。

数学ができなかったことで今の生活で不自由があるかというと

身体が不自由なことほどは困っていないんですね。

自動計算してくれるソフトや電卓 それに子どもの頃はできなかった計算も

大人になって必要であればなんとかできるようになってたりしているので。

得手不得手があっても生活に必要なら最低限のことはできるようになるもんです。

運動だって生活のクオリティが上がるならやった方がいい。

必要最低限の事から始めれば無理はないと思いませんか?

 

 

自分の変化を評価しましょう!

 

 

どんな運動なら続くか 本当に生活のクオリティが上がる方法は?

運動には「身体が快適になる」という方法があります。

勝ち負けとかの競争や 上手くできなきなくて運動が嫌いになってる人。

また、学生の時は運動してたけど もう長いこと運動不足で自分に自信がない人。

自分の身体を変えるのに競争や自信なんて関係ないと思いませんか?

人それぞれのスキルの差があっても 初めから上手くできるなんて思わなくていい。

自分の中で変化があれば上手くなってるのですから!

体力や筋力をつけたら自分に自信が出て気力が湧いてきます。

前より仕事で頑張ることができる 病気で休むことが減るなど

日常の生活が快適になる。

続けていくうちにちょっとした変化が起き

その変化を重ね定着していく「健康を手に入れた」喜びですよね。

劇的な変化じゃないかもしれないけれど 着実に進化していくのです。

もちろんやってて 思いどうりに動かない身体に対して辛いとか

あまりにも筋力がなくて「力が出ない~!」という辛さはあるかもしれません。

そのまま時が経つと もっと身体は思うようにならなくなって

今より辛い日々が待ってる。

自分の親や親戚などをみてると それが現実です。

今日より若い日はないのだから、少しでも早く手遅れにならないうちに

自分で自分の身体のお世話をしてあげてほしい。

小さなことからでいいのです。

自分のできることを自分のペースで

それが習慣となるころには きっと変化が起こり始めています。

まず、嫌いだった運動を続けている自分になっていますから!

それは自信に繋がります。

 

 

何をしたらいいのか どんな風にしたら効果があるのか

 

それがわかればいいですよね。

そのために私たち運動指導者が存在しています。

特にマンツーマンで受講していただける運動のメリットは

「あなたに合ったプログラム」を提供していることです。

運動の目的や運動の強度を マンツーマンなら全てあなた主導となります。

指導者としっかりコミュニケーションをとりながら

運動をすすめていってください。

もちろん身体を変えることができるのは自分自身です。

私たちはそのためのサポーターであって「身体を変えてくれる人」

とは違います。

知っていることをシェアして応援することはできますが

強制や管理はなかなか難しいです。

 

 

今回ピラティスという言葉ではなく「運動」としたのは

ピラティスだけがいいという考えではなく

その他のトレーニングやウオーキングなど

身体が快適になるために

ご自身に合うものを自由に選んでもらったらいいと考えました。

私もピラティス以外にトレーニングをしたりお散歩をしたり

いろんなことで運動を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

私は3年ほど前に右の脛骨を骨折して3が月間 左脚だけで生活をしていました。

事情があり入院はせず、仕事も休まず座ってピラティスの指導をさせていただきました。

その間に筋肉は痩せ いろんな機能のバランスが崩れて

今こうして普通に生活が送れていますが まだ自分の中では

思うようにならないことがいくつもあります。

そのひとつひとつが 自分の課題であり 楽しい実験だったりするわけです。

上の画像は初めて歩けるようになってやってみたエクササイズです。

もう笑えるほど足が震えて全く思いどうりに動くことができませんでした。

「アキレスストレッチ」足首を適切に動かすエクササイズですが

実は足先だけではなくいろんな筋力がバランスよく使えてこのつま先立ちの

パワーが出るということを 筋力がなくなったからこそ感じることができました。

そこから感じたことを盛り込んだ話題がこちらになります。

 

私自身、時には自分を甘やかせてしまって 機能後退!なんてこともありながら

それでもボチボチマイペースに生活の中に運動がある生活を楽しんでいます。

生活の中に自然と運動が染み込んでいるような生活を

できることならこの先いつまでも続けたいと思うのです。

本当に軽い運動すらできなくなる人もいますし

私の身近にはそのことを教えてくれる見本となる人がいます。

骨折の時はできないことがたくさんありました。

コロナ感染で辛い思いをされている方もきっと

孤独で辛い毎日を過ごしていると思います。

私もいつまで健康で自分の脚で歩けるのか それはわかりません。

今こうして身体が動き 今よりもっと快適な身体になりたい

と思うから運動を続けるのです。

年齢を重ねると 現状維持も向上と言えるでしょう。

今の健康状態をいつまでも保ちたい。

老化のスピードを遅らせたい。

そんな思いで運動をする人もたくさんいらっしゃいます。

 

コロナに負けない コロナが憎い

いろんな感情があるかと思いますが

自分をこの脅威から守る方法として

密を避ける 手洗い うがいももちろんですが

健康で健全でいること

体力 気力を充実させることも

やっていただきたいと思います。

そして健康で充実した日々を送っている人も

今の身体に感謝していつまでも今の状態を保てるように

心がけて欲しいと思います。